ボーダー・コリー (Border Collie)図鑑画像

基本情報

ボーダー・コリー (Border Collie)基本情報画像
犬種名 ボーダー・コリー (Border Collie)
原産国 スコットランド
サイズ 中型犬
オス♂の体高 52~56cm
オス♂の体重 20~27kg
メス♀の体高 50~54cm
メス♀の体重 18~25kg

歴史

ボーダー・コリー (Border Collie)歴史画像

ビアデッド・コリー牧羊犬として飼育されていたスコットランド原産の犬種です。

16世紀初頭スコットランドに渡った『ポリッシュ・ローランド・シープドッグ』と『ハイランド・コリー』を掛け合わせて誕生しました。

第二次世界大戦により絶滅寸前まで数を減少させますが、愛好家の保護活動により現在では世界中で飼育される人気犬種となっています。

bearded』は『アゴ髭』を意味し、犬種名の由来となっています。

特徴

ボーダー・コリー (Border Collie)特徴画像

顔と身体全身を覆うやわらかなロングコートがトレードマーク。

全体図が見えませんが垂れた耳・尾がキュートポイントです。

骨格はがっちりしており見た目の印象以上に運動能力・身体能力の高い犬種です。

全身を覆う二重構造の被毛は防寒性が高いだけでなく水も弾き、水辺でも苦も無く活動することが可能です。

性格

ボーダー・コリー (Border Collie)性格画像

陽気で甘えん坊なビアデッド・コリーは、とても人間好きで常に遊び相手を欲しています。

なによりもあらゆる分野で活躍してきたその聡明な頭脳で、子供から老人まで誰とでも打ち解け親しくすることができます。

毛色

ボーダー・コリー (Border Collie)毛色画像

毛色はフォーン、ブラック、ホワイト&ブルー、ブラウンなど様々。

飼い方

ボーダー・コリー (Border Collie)飼い方画像

運動量は非常に多く毎日2.3時間の散歩が必要となりますが、暑さを苦手としており夏場の外出時間は日中を避けるなど工夫が必要です。

運動量以上に大変なのはその被毛のケアで、週4.5回のブラッシングに加え定期的なトリミング・シャンプーなど、毎日とてつもない時間を要することになることを肝に銘じておいてください。

なりやすい病気や寿命

ボーダー・コリー (Border Collie)病気寿命画像

ビアデッド・コリーの平均寿命は12歳~15歳とされています。

遺伝病『股関節形成不全』を中心に『皮膚疾患』『白内障』など様々な病気にかかりやすいので日々のケアが必要となります。