ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)図鑑画像

基本情報

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)基本情報画像
犬種名 ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)
原産国 ドイツ
サイズ 小型犬
オス♂の体高 25~30cm
オス♂の体重 4~5kg
メス♀の体高 25~30cm
メス♀の体重 4~5kg

歴史

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)歴史画像

ミニチュア・ピンシャーはネズミなどを狩る猟犬として飼育されていたドイツ原産の犬種です。

起源は17世紀頃に小害獣駆除犬として活躍していた『ヘル・ピンシェル』を、小型犬に改良して誕生したと考えられています。

19世紀にはショードッグ用に改良するために『ダックスフンド』『トイ・マンチェスター・テリア』『イタリアン・グレーハウンド』などを掛け合わせて現在の姿になったとされます。

現在はヨーロッパよりもアメリカ合衆国で多く飼育されている犬種で、日本でも徐々に飼育数を増加させ人気小型犬の一種となっています。

特徴

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)特徴画像

ドーベルマン』と容姿が酷似しているため『ドーベルマン』を小型化したと思われがちですが、血縁関係はほとんどなく『ドーベルマン』より長い歴史をもつ犬種です。

子鹿の様のようにピョンピョンと跳ねることから、原産国ドイツでは『レイ・ピンシェル (小さな子鹿)』と称されています。

大きな瞳やピンと立った耳、先細い尻尾、無駄のないスタイリッシュなボディも特徴の一つです。

性格

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)性格画像

陽気で活発なミニチュア・ピンシャーは、遊び好きで幼い子供の遊び相手として最適な犬種です。

身体は小さいですが非常に勇敢で、見知らぬモノへの警戒心は特に強く番犬としても利用できます。

ただ、頑固で気性が荒い個体が多く、しつけも入りずらいので初心者には飼育は難しい犬種となっています。

毛色

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)毛色画像

毛色はブラック&タン、ブラウン、レッドが基本。

飼い方

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)飼い方画像

ミニチュア・ピンシャーは運動量がとても多く、毎日1時間の散歩が必要となります。

ただ、小型犬ですので室内でボール遊びなどを行えば、散歩時間を大幅に減らすことも可能です。

短毛のシングルコートの被毛は抜け毛が少なく、週1回ブラッシングをすればケアは十分です。

なりやすい病気や寿命

ミニチュア・ピンシャー (Miniature Pinscher)病気寿命画像

ミニチュア・ピンシャーの平均寿命は12歳~15歳とされています。

基本的に身体は丈夫ですが、跳躍が多い割に足が細いので『骨折』や『膝蓋骨脱臼』などの足に関しての病気になりやすいです。